資源、環境、エネルギー問題は、今後人類が解決すべき最重要課題である。一方、各種代謝機能を有する微生物や微生物集団は、各種環境において地球上の物質循環に深く関わっており、その働きは地球環境全体に大きな影響を与えている。
 当研究室では、単一微生物や微生物集団の有する多様な代謝機能(エネルギー代謝機能、炭酸ガス固定機能、集団中で発揮される各種代謝機能)を生化学的および遺伝学的に解明し、その成果を我々が直面している資源、環境、エネルギー問題の解決のために有効に活用することを主眼に置いて研究を進めている。
 現在の具体的テーマとしては、独立栄養微生物の網羅的代謝解析並びにその利用、独立栄養微生物による物質生産に向けた基盤的研究、微生物のエネルギー代謝解明とその制御、呼吸代謝制御による微生物利用技術の開発、微生物間の協同的代謝と群集構造化の解明、有用酵素の生産と利用に関する基盤的研究、などがある。
 上記の研究の遂行のためには、生物化学工学的な考え方も重要であり、その様な手法の導入も本研究室の特徴となっている。


Copyright 1998-2013 Laboratory of Applied Microbiology
The University of Tokyo. Yayoi 1-1-1, Bunkyo-ku, Tokyo, JAPAN. All rights reserved.
研究室概要 | 研究室の歴史
Home